グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


ホーム  > 本学の強み

本学の強み

世界最大の歯科大学である

私ども日本歯科大学は、現在、歯科医学の総合的大学として、2つの歯学部を有する唯一の歯科大学です。東京と新潟の両キャンパスを合わせて、2つの大学院、2つの歯学部、3つの附属病院、2つの短期大学、および博物館を擁し、学生総数約2,000名、専任教職員数約1,000名、および卒業生総数約20,000名を数えます。
本学は、紛れもなく世界最大の歯科大学であります。

日本歯科大学生命歯学部

日本歯科大学生命歯学部

6年一貫制のカリキュラムを編成して、一般教育から、基礎・臨床教育へと効率的で整合性のある授業・実習を実施しています。
附属病院における臨床実習は、総合診療システムを採用し、グループ単位の一診療所方式で指導医が、総合的に患者診療と学生指導に当たっています。
一般歯科診療を学生に実践させ、卒業直後の臨床研修をしのぐ成果を挙げています。
一方、附設の共同利用研究センターの諸施設を利用して、全学的な研究システム、情報検索やデータベースを構築し、最新のコンピュータシステムを通して、広範で国際的な研究活動を行っています。

日本歯科大学新潟生命歯学部

日本歯科大学附属病院

6年一貫制のカリキュラムを編成して、一般教育から、基礎・臨床教育へと、効率的で整合性のある授業・実習を実施しています。
新潟病院における臨床実習は、各科ローテイト方式によって、きめ細かい実効ある教育を実施し、卒業直後の臨床研修へとスムーズに移行しています。また、わが国歯科大学・歯学部では最初の在宅歯科往診ケアを行っており、歯科ケアを体験実習させることで、高齢社会の実態と対応をつぶさに学ばせています。
一方、新潟病院と医科病院を併せもつことから、臨床実習に内科・外科・耳鼻咽喉科の実習をとりいれています。

日本歯科大学新潟生命歯学部サイトへ(別ウィンドウで開きます)

日本歯科大学附属病院

日本歯科大学附属病院

総合診療科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、歯科麻酔・全身管理科と内科、外科を有し、診療センターとして、インプラント、心療歯科、顎関節症、口腔がん、顎変形症、ハイリスク、歯科人間ドック、口腔介護・リハビリテーション、いびき・睡眠時無呼吸があり、歯科外来として口腔アレルギー、マタニティがあり、入院治療のための病棟も設け、総合的な医療施設の役割をはたしています。
病院の特色としては、患者さんの診療と同時に次の世代の歯科医を育てるための教育を行う広範囲にわたる多目的病院であるため、学生は臨床実習カリキュラムの一環として同病院において実地の研修を行うという、本学独自の教育システムがとり入れられている点にあります。

日本歯科大学附属病院サイトへ(別ウィンドウで開きます)

日本歯科大学新潟病院・医科病院

日本歯科大学新潟病院・医科病院

日本歯科大学新潟生命歯学部では、歯科医学と医学の融合を図るため、一般医学の講義に加え、医科病院における医科研修を行っており、他の歯科大学には見られない大きな特徴となっています。
新潟病院は、歯・顎・口腔の総合的な医療施設としての役割を担うとともに、入院治療のための病床50床を設備しています。
医科病院も同じく病床50床を設置し、消化器内科、消化器外科、耳鼻咽喉科があり、臨床実習カリキュラムの一環となっています。


日本歯科大学新潟病院・医科病院サイトへ(別ウィンドウで開きます)

日本歯科大学東京短期大学

日本歯科大学東京短期大学

社会の要請に応える歯科技工士、歯科衛生士の教育にあたっております。
大学は、学問を通して知性を磨き自己を開発する場であると同時に、専門を軸にして幅広い学識と視野を身につける場でもあります。2006年4月専攻科を増設しました。
日本歯科大学東京短期大学は、心優しく溢れる感性を持った医療人を育てるために、日本歯科大学と日本歯科大学附属病院を中心にした多彩な教授陣と学びの環境を大切にして、歯科医療に携わる人材を養成する教育の場の充実に努めます。

日本歯科大学東京短期大学サイトへ(別ウィンドウで開きます)

日本歯科大学新潟短期大学

日本歯科大学新潟短期大学

修業3年間の教育内容は、短大生としての一般教育はもちろんのこと、豊富な教授陣の指導のもとに充実した内容の専門科目が組み込まれています。高学年次における臨床実習は近代的設備の完備した新潟病院内で、優秀な新潟生命歯学部の専任歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで、高度の知識に基づく、密度の濃い確かな技能と習慣・態度の情意の習得ができます。
平成9年には専攻科を設置し、平成10年には、ホームヘルパーの資格取得課程をカリキュラムに取り入れ、医療介護福祉に貢献する歯科衛生士の養成に力を注いでおり、卒業後の活動の場がますます広がっています。

日本歯科大学新潟短期大学サイトへ(別ウィンドウで開きます)

個性あふれる人材を輩出する日歯大の自由で豊かな風土

産経新聞 2006年11月30日付け

100有余年の伝統に培われた日歯大の卒業生は約2万人。
医療、藝術、教育の3つの世界で頂点を極めた中原實名誉学長をはじめ、アフリカの地で農村の生活改善にボランティアで活動を続ける村上一枝、箱根駅伝で3年連続区間新を打ち立てた難波博夫、第7回アントワープ五輪に出場した蓮見三郎、FIFAからサッカーの審判特別功労賞を日本人で初めて受けた福島玄一、さらに、台湾の名門大学、中山医学大学の創立者で理事長の周 汝川(しゅう・じょせん)、新興俳句の先駆者・西東三鬼(さいとう・さんき)、戦後沖縄の人々に元気を与えた芸人「ブーテン」(小那覇舞天 おなは・ぶーてん)など、これまで多くの逸材を輩出してきました。詳細な人物情報はこちら

先輩からのメッセージへ

産業新聞の記事をPDFでご覧いただけます。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方はダウンロードしてください。