グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯の細胞バンクとは  > 再生医療とは

再生医療とは

期待される歯髄細胞をもちいた再生医療

歯髄の幹細胞は、骨、脂肪、神経などの細胞に育てられることがわかっています。そのため、さらに研究がすすめば、むし歯や歯周病の治療だけでなく、身体のさまざまな病気の治療にも使えるようになるでしょう。
そんな将来の医療にそなえて、今のうちにあなたの歯髄細胞を保管することを考えてはいかがでしょうか。

注:再生医療などを行う場合は、その医療機関と患者さんとの契約(説明と同意)が必要となります。また、再生医療によって、かならず病気やケガが治るとは限りません。本バンクは、細胞返還後のいかなる医療応用にも関知しません。

※本バンク事業は、再生医療等安全性確保法(2014年11月25日施行)に基づき実施しています



歯科疾患:虫歯・歯周病・歯の欠損

神経疾患:脊髄損傷・脳梗塞

筋疾患:心筋梗塞・筋ジストロフィー

臓器疾患:糖尿病・肝硬変・肝線維症

その他:角膜欠損・毛包欠損・下肢虚血