グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当バンクについて  > 歯の細胞とは

歯の細胞とは

将来ご自身の歯の細胞を、再生医療に使うことができます。

当バンクでは、病気やけがに備えてあなたの歯の細胞(歯髄細胞)を保管します。
※再生医療とは、けがや病気で障害された組織や臓器を、自分の細胞を使って元通りの形や機能を再生する医療です。


歯髄ってなに?

歯髄は“歯の命の源”

歯髄とは、歯の中にあるやわらかい組織のことです。
歯に栄養をあたえる血管や、痛みを感じる神経が入っています。また、組織を作るもとになる細胞である「幹細胞」も含まれています。

どうして歯髄なの?

高い増殖能力

歯髄細胞は、増殖能力が高く、短い期間でたくさん増やすことができます。

出典 Odontology. 2013 Jul;101(2):121-32

優れた変身能力

歯髄細胞は、骨や脂肪、神経などさまざまな細胞に変化することができます。

どの歯の歯髄が使えるの?

むし歯のないきれいな歯

大人の歯に生えかわるために抜ける乳歯や、治療のために抜く必要のある親知らずなどの歯から歯髄を取りだすことができます。

※すべて抜歯による治療が必要と診断された歯に限ります(バンクのための抜歯は行いません)。
乳歯子どもの歯
智歯親知らず
その他矯正治療などで抜かなくてはいけない歯